今年もまた絵入りりんご収穫時期になりました。

毎年の様ですが、また収穫直前に大型の台風19号が、

日本列島を襲いました・・。

陸奥

弘前市はさほど台風19号の影響はありませんでしたが、

一部地域では落果も少しあった様です。

むつ収穫風景

年々、温暖化や気候変動により、リンゴ作りも難しくなってきており、

強風の被害や台風の数も昔に比べると増えている様な気もします。

絵入りりんご

りんご袋は貯蔵性を高め、強風によるキズ等も防ぐ事が出来ます。

ツル割れ、すそ物を減らし、早期収穫により雪の凍害も回避出来ます。

りんご袋を上手く活用し、気候変動にも対応していけるように、

これからも袋掛けを推奨していきたいと思います。

絵入りりんご2

この絵入りりんごも、りんご袋が不可欠です。

9月も近くなり、今年も本格的にリンゴ収穫のシーズンに突入です。

むつ

当社が手掛ける、フランス向けの絵入りりんごも準備が始まっています!

今年からEU向けに発送するリンゴに対して、園地調査が義務付けられ、

本日、農林水産省植物防疫所の職員の方が、視察に来られました。

園地視察

リンゴも直接見ますので、一度袋を剥いで、直後にまた袋掛けを行います。

袋剥ぎ直後

袋を剥いでシール貼りを行うのは、まだまだ一か月も先の作業です。

園地視察2

今年は青森は雨が少なく、干ばつ傾向の年ですが、

他の作物と比較しても、リンゴは干ばつに強く、

とても品質の良いリンゴが収穫出来そうです。

袋掛け

ちなみに聞いた話ですが、EU向けにリンゴを発送しているのは、

青森でも当社だけだそうです・・・。

もっと青森のリンゴを、ヨーロッパの方々に食べてもらいたいのですが・・

今年は日仏交流160周年の年になります。

箱詰め作業1

当社では、交流150周年の年より、

総理官邸へも絵入りりんごの贈答をしており、

早いもので今年で10年になります。

箱詰め作業2

続けていける限りは、この絵入りりんごを、

作り続けていきたいと考えております!!

箱詰め作業3

シラク元大統領からマクロン現大統領までは、

15年以上の月日が流れました・・・。

箱詰め作業4

絵入りりんご収穫の季節が、やって参りました。

シール貼り作業

今年は台風が多い年で、風の影響を心配していましたが、

無事に収穫する事が出来、一安心です。

絵入りりんご1収穫日にはテレビ局さんの撮影取材にも来ていただき、

毎年紹介していただき、本当に感謝しております。

絵入りりんご撮影

我々もこの絵入りりんごを通して、

県産りんごのりんご作りの技術の高さ、

品質の良さを、どんどん世界へ発信していきたいと思います!

絵入りりんご2

来週、フランス発送分の箱詰め作業を紹介いたします!

弘前城菊と紅葉祭りに合わせて弘前城本丸天守前で、

巨大リンゴアート除幕式とオープニングセレモニーが行われました!

除幕式前

昨年度、当社と絵入りりんごを通して交流のある、

フランスのパスカルさんと一緒に企画しましたこのリンゴアートが、

ここまで巨大になるとは夢にも思いませんでした。

リンゴアート

使用したリンゴはなんと3万5000個で、

使用後はリンゴジュースとして加工され、

弘前市のふるさと納税品として提供される様です!

除幕式記念品贈呈

オープニングセレモニーではリンゴアート題材となった写楽と、

モナリザの絵入りりんごが記念品として使用されました。

写楽絵入りりんご

フランスはモーゼル県から弘前まで足を運んでいただいたパスカルさん、

このリンゴアート指導、指揮をとっていただき、

本当にありがとうございました!

市長と記念写真

また、この巨大リンゴアート制作を担当していただいた、

弘前デザインウィークさん、市役所各関係者の皆様にも、

本当にお世話になりました!

リンゴアートライトアップ

また、来年以降もこのリンゴアートを、

弘前市の観光コンテンツとして国内だけではなく、海外へも発信して、

りんご王国として盛り上がっていけば良いなと思います!

スターウォーズ最新作「最後のジェダイ」が、
12月15日(金)にいよいよ公開されます!!

スターウォーズ

今回の作品はロゴやビジュアルに「赤」が象徴的に採用されており、

なぜロゴが赤なのか?ライトセーバーの光が青から赤に変わっている?

様々な推測がされており、「赤」がキーポイントとなっている様です・・

そこで青森が誇るリンゴ、リンゴと言えば「赤」という事で、

当社の絵入りりんごに白羽の矢が立ちました!!

スターウォーズ絵入りりんご1

本日は様々な取材関係者の皆様に足を運んでいただきました。

東京からもウォルト・ディズニーさんがいらっしゃって、

とても貴重なお時間をいただきました・・・。

本当にありがとうございます!

収穫撮影1

収穫撮影2

12月には映画監督、制作関係者や出演者の皆様も来日される予定で、

ぜひ、この絵入りりんごを見て楽しんでいただければと思います。

スターウォーズ絵入りりんご2

「青」と「赤」、「光」と「闇」・・・?、

衝撃の運命が明かされる・・・?

公開が待ち遠しいですね!!

弘前公園で10月20日~29日まで、

リンゴを並べて浮世絵「写楽」を描く、

りんごアートを展示します!

写楽

弘前城天守の横、

縦約17メートル、横約9メートルの台座に、

約3万5000個のリンゴを並べてモザイク画を制作。

毎日新聞掲載記事

当社と絵入りリンゴを通して交流のある、

フランスはモーゼル県ラクネクシー果樹園長のパスカル氏は、

このりんごアート制作のプロであり、

今回来日、制作を指揮して頂きます!

陸奥新報掲載記事

上記新聞記事は昨年掲載されたものですが、

早くも今年10月に実現しました!

ここまで大規模なりんごアートは弘前でしか見られないですし、

弘前市としても初めての試みなので、

出来上がりが今から楽しみです!

ラクネクシー果樹園りんごアート

青森県りんご果樹課さんのHPで、

「りんごで健康」、

という健康に関する様々な情報を掲載しているサイトがあります!

http://www.pref.aomori.lg.jp/sangyo/agri/ringo-kenko.html

ここでは妊婦さんのための、

りんごによる健康情報冊子もアップされており、

妊婦さんだけではなく、赤ちゃんのためのりんご、

りんごレシピ、りんごによる新しい効能など、

私も知らなかった情報が沢山書かれてありました!

りんごプロシアニジン・・・これはぜひ注目です!!

青森県農林水産部りんご果樹課掲載

また、青森県では三村青森県知事がりんごの魅力をさら広めるために、

西日本を中心に、「アップルスクール」という授業も行っています。

そこでは絵入りりんごの紹介や、

りんごへの袋掛けの授業も行っているそうですが、

西日本はりんごに馴染みが薄いらしく、

柔らかいりんごが普通みたいです。

今年から弘前市ふるさと納税において、

応援寄付金をいただいた方へのお礼の品として、

当社絵入りりんごが送られる事になりました!

弘前城

デザインはもちろん弘前市にちなんだもの、

限定品なので早い者勝ちです!

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/02202

たか丸くん

今年初めてご依頼いただいたデザインで、

「超城合体タメノブーンV」!

弘前市の城ロボプロジェクトという、

聞いただけでものすごく気になるプロジェクトは下記サイトへ!

http://www.city.hirosaki.aomori.jp/tamenoboon5/

その他、NHK大河ドラマ「篤姫」の題字を手掛けた、

書家の菊池錦子さんによる揮毫「寿」などもございます!

寿

作業の方はシール貼りを終え、あとは色付くのを待つのみです。

昨年は台風や爆弾低気圧に苦しめられ、今年も台風が多い年ですが、

順調に着色の方も進んでおります!

畑は岩木山や周りの雑木林で風に守られている立地条件なので、

そんなに心配しなくてもいいんですけどね・・・。

大玉りんご「むつ」

なかなか青森でも見かけなくなった品種「むつ」。

大玉「むつ」の絵入りりんごは写真や画像で見るものと、

実物では驚きやインパクトが全く違うので、

ぜひ手に取って見ていただけたら幸いです!!

弘前市において9月17日(土)~9月26日(月)、

弘前市後援事業である、弘前大学地域未来創生センター主催、

「弘前×フランス」プロジェクトが開催されます。

「弘前×フランス」プロジェクト

開催期間最終日の9月26日(月)には、

当社と絵入りりんご交流のある、

パスカル・ガルブ氏をフランスはモーゼル県からお呼びして、

トークセッションも行います。

弘前市マーク りんごモザイク画

また、絵入りりんごにおけるフランスの歴史や、

当社とフランスの交流を紹介する写真展もありますので、

お時間のある方はぜひ足を運んで見てください!

1900年 パリ万博 絵入りりんご

2015年 フランスデザイン 絵入りりんご

プロジェクト概要、詳細は下記アドレスをご覧になってみてください!

http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp/french/avenue/projectindex.php