» 2011 » 9月のブログ記事

9月に入り早生品種「つがる」が

市場に出るようになりました。

今年の「つがる」は昨年に比べ着色が良いそうです。

どうやら先月の夏とは思えない寒さが影響しているそうです。

 

つがる

 

りんごの着色には様々な要因があるとされていますが、

まずはアントシアニンが生成されなければ、

綺麗な赤みは帯びません。

 

よく着色には寒暖差が必要と言われていますが、

厳密には10℃~20℃、適温は15℃前後とされており、

15℃以下になるとアントシアニンが

生成されやすいというデータもあります。

(品種によって違いがあります。)

 

紅玉

 

気象庁の発表では、今年は太平洋高気圧の影響により、

9月・10月ともに残暑が続くという見通しですが、

りんごの着色は気温だけではなく、

天気や日照時間、葉で作られる養分の量、

袋剥ぎのタイミングにも起因するので、

いかに着色管理が難しいかが想像できます・・・。