» 2013 » 11月のブログ記事

本日、無事植物検疫を経て、

フランスへ絵入りりんごを発送しました!!

フランスへは毎年発送しています、エリーゼ宮オランド大統領、

ヴェルサイユ宮殿館長、先日、弘前訪問していただいたパスカルさんなど、

当社と交流のある各関係者へ絵入りりんごをお送りしています。

絵入りりんご

国内では昨日、総理官邸やフランス大使館へ発送しました。

今年の新しいデザインは、紅白の絵入りりんごです!!

絵入りりんご(モナリザ)

この白タイプホワイトは新しい試みであり、

手掛けるにも、ひと手間もふた手間もかかるものであり、

失敗のリスクも高く、着色管理も大変です・・・。

絵入りりんご(マリーアントワネット)

また、他のデザインで浮世絵も新しいデザインとなります。

絵入りりんご(浮世絵)

当社が手掛けていますこの絵入りりんごは、

一般的な「ふじ」ではなく、「むつ」という品種で生産しております。

この「むつ」という品種は「ふじ」とは違い、

地肌がまるでキャンバスの様に綺麗なため、(縞模様がない)

写真や絵画など繊細なデザインが描写できます。

また、この「むつ」は元々青りんごであり、

りんご袋を掛ける事により、赤りんごに生まれ変わるのです。

陸奥(むつ)

無袋むつ(左) 有袋むつ(真中) 有袋むつ白タイプ(右)

フランスではこのリンゴに袋かけ、という栽培方法は無く、

当社で提供しましたりんご袋を使って、元々青りんごのものが

真っ赤に色づいたものを見て、

「これはマジックだ!!」

と、表現していたのがとても印象的でした。

手品のタネはりんご袋なのですが、

同じ品種でも青、赤、白に生まれ変わるリンゴというものは、

見た目でも楽しませてくれる、唯一の果物だと思います。