» 東日本大震災のブログ記事

青森県では今年の5月から、

リンゴの放射線モニタリング調査を行なっています。

簡易・精密検査ともにリンゴ収穫期の11月末まで行なわれ、

これまで放射線は検出されていません。

 

出荷時の検査だけではなく、生産期間を通じて安全を証明できるようにし、

生産履歴の一項目に「放射能検査」を積極的に加えて、

安全性を明らかにする取り組みです。

希望する生産者へは調査結果に基づいて

「安全性を証明する書類」を発行するとの事です。

 

リンゴの放射線計測

リンゴの放射線計測

 

同県では多くの自治体がリンゴだけではなく、

様々な農水産物に対して独自の放射線検査を行なっています。

 

福島第一原発の放射能漏れ事故による風評被害を一掃し、

国内だけではなく、海外にも青森県産りんごは安全安心であるという事を、

生産者の皆様のためにも、一日でも早くご理解していただければと思います。

東京電力福島第一原子力発電所の事故から、

もうすぐ三ヶ月が経とうとしています。

 

ここに、リンゴが放射性物質の除去と予防に効果的という、

興味深い新聞記事を見つけましたので、ご紹介いたします。

 

2011年5月3日 東奥日報新聞

東奥日報新聞 2011年5月31日掲載

 

今、この瞬間も、多くの方が避難所生活を余儀なくされています。

一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

東北関東大震災から、もうすぐ一ヶ月が経とうとしています。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、

被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。

依然として予断を許さない状況が続いておりますが、

一日でも早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

今、そしてこれから被災地の方々に笑顔が戻るその日まで、

私にできることは何かを考えました。

無駄な電気を使わない、ボランティア団体等への寄付、

無駄な買い占めを行なわない、そして・・・

自粛ムードが漂っていますが、過度の自粛により経済が萎縮してしまっては、

逆に被災地の経済に悪影響を及ぼすのではないでしょうか・・・

一つ一つは小さなことですが、一人一人が心がければ、

大きな支援の輪となることを信じています。