弘前城築城400年祭

  Hirosaki castle 400th anniversary

弘前城

弘前城築城400年

幕藩体制が確立した江戸時代初期、弘前城は戦国時代を経て、津軽統一を成し遂げた初代藩主・津軽為信公により計画され、二代藩主信枚公により慶長16年(1611年)に完成しました。明治に至るまで津軽氏代々の居城として機能し、東北地方唯一の現存天守を有し、城郭の大部分がほぼ旧態をとどめる全国的にも非常に貴重な遺構となっています。弘前城は弘前市のシンボルであり、市民の憩いの場となっているほか、毎年、国内外から数多くの観光客が訪れる名所です。その弘前城が、平成23年(2011年)に築城400年の節目の年を迎えることとなりました。その築城400年という記念すべき時を、当社は心よりお祝いいたします。

築城400年祭マーキングリンゴ

弘前市役所より、当社に弘前城築城400年祭に関するマーキングリンゴ生産依頼があり、そのデザインと合わせて当社が手掛ける事になりました。あわせて2010年12月4日、東北新幹線全線開業に関するマーキングリンゴのデザイン依頼もあり、地元企業として地域発展に貢献したい当社として、とても喜ばしいことです。

 

たか丸くん

 

たか丸くんたか丸くんマーキングリンゴ

たか丸くんは弘前城の別名「鷹岡城」の鷹をイメージしたマスコットキャラクターです。弘前城の載った兜は津軽為信の兜をイメージ。とても頭が良く弘前市民が大好きで、いつもみんなの安全を見守っています。

ちなみに「鷹岡城」の鷹岡とは、昔弘前城があった地名だそうです。


題字

 

題字題字マーキングリンゴ「全体像は、岩木山の姿と天守のような形、そして中央に向かって伸びてゆく市民の高い志と、末広がりに永久に発展してゆく弘前の姿を重ね合わせたものになっております。」揮毫者の菊池錦子さん。

菊池さんは2008年NHK大河ドラマ「篤姫」の題字も手がけており、2011年のNHK大河ドラマ「江(ごう)〜姫たちの戦国〜」の題字も採用となり、 多方面にわたりご活躍中です。

新幹線はやぶさ

 

新幹線はやぶさ新幹線はやぶさマーキングリンゴ 2010年12月4日、ついに東北新幹線全線開業しました。新型車両「E5系」による最速列車の愛称は「はやぶさ」です。

2012年度末からは国内最速の最高時速320キロになり、東京都内から青森市内は現在より約55分短い3時間5分程度で結ばれる予定です。

新幹線の営業最高速度上昇は実に15年ぶりです。

マーキングリンゴ

新聞掲載記事

ヴェルサイユ宮殿王室菜園
  絵入りりんご展覧会

生物多様性条約(COP10)

弘前城築城400年祭